後半で紹介されている動画の要点

  • 簡単なことから始める
    トリガーを踏んだ時に何かアクションが起こる – ライトの色が変わる。アイテムを取った時のアクション(音を出す。体力が増える。エフェクト。アイテムを消す)
  • 慣れてきたらブループリントからブループリントのインタラクションを作ってみる
    BPがマトにヒット。ヒットしたものにアクション(ダメージを受けて体力が減る)。ブループリントがお互いに影響を与えるものを作ってみる。
  • テンプレートプロジェクトからスタートしてブループリントを追加していく。どう作られているか見てみる。

◯アドバイス

  • ロジックの流れをよく考えて – イベント発生がアクションを起こす。
  • 各システムに分けて作る。
  • 途中でテストする。一つのシステムを作ってテストして次のシステムを作る – Test early,test often
  • わかりやすいコメントを入れる – どこで何をしているかコメントを入れる。
  • パフォーマンスに気をつける – Tickイベント(毎フレーム処理をするイベント)を多用しない。イベントによってアクションを起こすシステムが良い。
  • 好きなゲームを再現してみる。(単純なゲームを再現してみる)
  • Epicやコミュニティーのサンプルを見てみる。エンドレスランナーのプロトタイプ(youtube)  を作ってみる。

◯ブループリントがうまく機能しない時

  • ブレイクポイント – アクションが呼ばれているか確認
  • ロジックのフロー表示
  • 出力ログ – PrintString
  • ブループリントのコンポーネント – スクリプトの使い回し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です