unreal fest 2016 yokohamaでは以下の本が紹介されていました。

  • Unreal Engine 4で極めるゲーム開発 → エンジニア寄り。
Unreal Engine 4で極めるゲーム開発:サンプルデータと動画で学ぶUE4ゲーム制作プロジェクト

湊 和久 ボーンデジタル 2015-07-25
売り上げランキング : 13117

by ヨメレバ

「Unreal Engine 4で極めるゲーム開発」が思想的な部分から基本操作、実践でも役立ちそうな内容、一通り軽く機能に触れることができたのでよかったです。ただし、誤植が多いので出版社のページで確認してあらかじめ書き込んでおくのがよいと思いますw。

  • マテリアルデザイン入門 → アーティスト、TA向けには最適
UnrealEngine4マテリアルデザイン入門 (GAME DEVELOPER BOOKS)

茄子,もんしょ 秀和システム 2015-10-08
売り上げランキング : 178308

by ヨメレバ

マテリアルについて知識を深めたいのなら「マテリアルデザイン入門 」はわかりやすく、良い本だと思います。

  • BP逆引きリファレンス → エンジニア寄り
Unreal Engine 4 ブループリント逆引きリファレンス ゲーム・映像制作現場で役立つビジュアルスクリプトガイド

alwei 翔泳社 2016-02-23
売り上げランキング : 148977

by ヨメレバ
  • UE4建築ビジュアライゼーション → 建築向けビジュアライゼーションに特化した書籍。MAXベースで作成、UEに組み込む。VR利用についても解説されている。
UnrealEngine4建築インテリアビジュアライゼーション

大橋 ユキコ 秀和システム 2016-03-29
売り上げランキング : 119183

by ヨメレバ
  • UE4ゲーム制作入門 → エンジニア寄り。ゲーム開発よりオペレーションと実装に特化している。
    初版はUEの無料コードが付いていてお得感がありましたが、すぐにUEが無料化されてしまいました。「なぜそのノードを使うのか」が少しわかりづらかった気がします。

Unreal Engine 4で極めるゲーム開発」→「マテリアルデザイン入門」→「BP逆引きリファレンス 」の順で初めればUEの印象がつかめるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です